第163回キャリアサポート研究会【WEBセミナー】

◆日時:2021年2月18日(木)19:00~21:00

 
◆申込・振込締切:2月15日(月)18時
◆Webセミナー:お申し込みいただいた方に、コクチーズプロからの返信メールに参加のための方法を記載しております。(会員外の方は参加費のお振込みがありませんと、接続できませんのでご注意ください。)
 
◆講演タイトル:
「キャリアと関係性 -人生の両輪を成すもの-」
 
◆講演者:

心理学博士 鶴田 みさ様
 
◆講師プロフィール:
・‘91年一橋大学法学部卒。’95年渡米、ニューヨーク大学で教育心理学修士(2000
・ザ・ニュー・スクール・フォー・ソーシャル・リサーチ心理学部臨床心理学博士課程に学んだ後(単位取得)、転科、認知・社会・発達心理学Ph.D.を取得(2016)。
・在米中はボランティアや日系NPOでの高齢者支援、帰国後はカウンセリング系の会社やインターナショナル・スクールでのスクール・カウンセラーなどを務める。
2015年「オープンマインド」を設立、主に成人の心理カウンセリングや心理療法を手がける。
・初の著書『多文化マインド』(ギャラクシー・ブックスより)は2020年12月刊行。
 
◆講演概要
◎キャリアカウンセリングや産業カウンセリングというと、キャリアや仕事だけのことと思われがちだが実はそうではない。近年産業カウンセリングでもプライベートな生活の仕事への影響というのが以前より注目されている。仕事は、他から切り離された「真空」で行われているわけではないからである。
◎特に女性にとっては、キャリアと関係性(ここで関係性とは、親子や夫婦などの「親密な」関係を言う)の間の緊張・葛藤やバランス、いわゆるワークライフバランスが切実であることが多い。女性が仕事で「脂の乗ってきた」頃に妊娠しやすかったりするのは、発達段階における「生殖性」と考えることができるが、現在のところ社会のメカニズム的に同じ年代で同じような状況であると、どうしても男性に有利になり、女性には不利になりがちである。この傾向はいろんな側面から是正されるべきであると考える。
 
○講演者自己紹介
○人生の「2つの側面」とは~キャリア(主体性)と関係性
○キャリアが主軸となる人生、関係性が主軸となる人生
○ワークライフバランス、ジェンダーへの偏見、発達段階
○カウンセリングの事例より(キャリア志向の事例、家庭中心の事例)

◆参加費
・研究会会員 参加費無料
・会員以外の方 参加費2,000円
・研究会に参加される会員外の方は、お振込み(期限:2月15日(月)18時、申込時返信メール、ホームページにも振込口座が記載されています)でお願いいたします。
・2月16日以降のキャンセルは、全額(参加費)お支払いいただきますので、ご了承ください。
・なお、毎月開催の定例研究会は、2022年3月までは、Web開催予定(状況により、リアルは別に開催)です。また、定例研究会以外の勉強会も、会員の方は参加費が特別価格となります。
・この機会に、NPO法人の研究会会員(賛助会員)になることをお奨めします。
・詳しくは、研究会ホームページ(​http://www.npo-career.org​)の会員専用ページ(http://www.npo-career.org/kai.html)をご覧ください。
 
お申し込みは、
こちらのこくちーずプロからこくちーずプロ
https://www.kokuchpro.com/event/npo_career_w_210218/
 からお願い致します。
 
◆協力 NPO学生キャリア支援ネットワーク

 
◆対象 キャリアコンサルタント、キャリア支援関係者、教育関係者、人事・採用担当者

 
◆主催 特定非営利活動法人キャリアサポート研究会
【ホームページ】 http://www.npo-career.org
登録してくださいね!
【フェイスブック】http://www.facebook.com/manabitoseichou
「いいね!」よろしく!
【フェイスブックグループ】 http://www.facebook.com/groups/manabitoseichou
 
お問い合わせはこちら