第167回キャリアサポート研究会【WEBセミナー】

◆日時:2021年6月24日(木)19:00~21:00

 
◆申込・振込締切:6月21日(月)18時
◆Webセミナー:お申し込みいただいた方に、コクチーズプロからの返信メールに参加のための方法を記載しております。(会員外の方は参加費のお振込みがありませんと、接続できませんのでご注意ください。)
 
◆講演タイトル:
 「ラポールを築く安心と安全の場づくり」
-キャリア教育に携わる中で心がけていること-
 
◆講演者:

 京都産業大学非常勤講師
 株式会社EDUCE教育エンジニア
 一般社団法人プレミア人財育成協会キャリアサポーター
 川出 健一 様
 
◆講師プロフィール:
 ◯静岡大学大学院教育学研究科修了。印刷デザイン関連の仕事の傍ら、中学校、高等学校、専門学校での非常勤講師として活躍後、仕事の縁から大学生を対象としたキャリア教育に深く関わるにようになる。
 ◯現在は、京都産業大学にてキャリア教育の専門家として非常勤講師を務めつつ、教育コンテンツの開発を中心とした仕事をしている。
 ◯個人の主体性や責任感を引き出すには、本人自身の納得が大切という考えのもと「対話」と「内省」をきっかけに気づきや学びを促す場づくり、相互理解をベースにしたチームビルディングを目指す研修づくりに取り組んでいる。
 
◆講演概要
 現代は「どんな場にもマイノリティは存在している」ことを意識した場づくりが必要な時代です。みなさんは、自己開示や対話を必要とする場において、どんな気遣いをされていますか。
 
 対人支援の現場では、まずは「ラポール」を築くことが大切です。「自己開示」や「対話」は、安心で安全な「関係」や「場」によって促されるからです。安心して自己開示できる場があるから、ラポールが形成され、対話が深まり、相互理解や自己受容が促される、とも言えるでしょう。 
 
 しかしながら、性的マイノリティである、障害を持っている、他国籍であるなど、マイノリティは、マジョリティとは違うということに不安を抱えています。同調圧力の強い日本社会では、本当の自分を受け入れることや正直に表現ができないことに苦しんでいるひとがいます。なんの気兼ねもなく、自分のマイノリティ要素を開示できる場はとても少ないと感じています。
 
 さて、私の関わっているキャリアの授業では、安易に「結婚」の話題には触れません。疎外される受講生が産まれるからです。アイスブレイクの会話の中で「好きな異性のタイプ」を巡って盛り上がっているグループや隣国を揶揄するような発言があれば戸惑います。
 参加された皆さんと一緒に、安心と安全の場づくりについて考える時間になればと思います。

◆参加費
・研究会会員 参加費無料
・会員以外の方 参加費2,000円
・研究会に参加される会員外の方は、お振込み(期限:5月10日(月)18時、申込時返信メール、ホームページにも振込口座が記載されています)でお願いいたします。
・6月21日以降のキャンセルは、全額(参加費)お支払いいただきますので、ご了承ください。
・なお、毎月開催の定例研究会は、2022年3月までは、Web開催予定(状況により、リアルは別に開催)です。また、定例研究会以外の勉強会も、会員の方は参加費が特別価格となります。
・この機会に、NPO法人の研究会会員(賛助会員)になることをお奨めします。
・詳しくは、研究会ホームページ(​http://www.npo-career.org​)の会員専用ページ(http://www.npo-career.org/kai.html)をご覧ください。
 
お申し込みは、
こちらのこくちーずプロからこくちーずプロ
https://www.kokuchpro.com/event/npo_career_w_210624/
 からお願い致します。
 
◆協力 NPO学生キャリア支援ネットワーク

 
◆対象 キャリアコンサルタント、キャリア支援関係者、教育関係者、人事・採用担当者

 
◆主催 特定非営利活動法人キャリアサポート研究会
【ホームページ】 http://www.npo-career.org
登録してくださいね!
【フェイスブック】http://www.facebook.com/manabitoseichou
「いいね!」よろしく!
【フェイスブックグループ】 http://www.facebook.com/groups/manabitoseichou
 
お問い合わせはこちら